RYOKAN GINKAKU KYOTO [公式]

Rooms 白露の間

HAKURO 白露の間

こちらの部屋の床の間の壁紙は、日に白く輝く露の色合いと風合いのものを選んでいます。

秋分の前、草木に朝露が宿りはじめる頃、降りた露は光で白い粒のように見え秋の気配が深まります。白露とは、露が降り、白く輝くように見える頃という意味です。
日中はまだ残暑が続いていますが、朝晩は冷えるようになり、朝露が降りる始める時期をあらわしています。 二十四節気では、白露の前は暑さがおさまる頃という意味の「処暑」、白露の次は昼夜の長さがほぼ同じになり、秋の夜長に向かう「秋分」となります。
白露の頃、秋の気配がいっそう色濃くなり、野の草に「しらつゆ」が宿りはじめます。しらつゆは日の光を浴び、白く光って見えます。ようやく残暑も落ち着き、朝夕の涼しさが心地よく感じられます。

Concept お部屋のコンセプト

「白露の間」のコンセプトになっている
観光地をご紹介します

下鴨神社
Concept 01

下鴨神社

白露
Concept 02

白露

Access 観光地へのアクセス

「白露の間」のコンセプトになっている
観光地へのアクセス方法です。

下鴨神社

バスでお越しの方

京都駅前 A2のりば4系統西賀茂車庫前行き B3のりば205系統四条河原町・北大路バスターミナル行き

下鴨神社へのアクセス
下鴨神社へのアクセス